[番外編]日本の移民政策をどうすべきか(ニュージーランド6/6)

[番外編]日本の移民政策をどうすべきか(ニュージーランド6/6)

ちょっと考えさせれられる番外編。

たまたま、NZでお会いした人が、
日本の移民受け入れ政策をすごく気にされている方でした。

日本は少子高齢化で、確実に労働力は減っていくが、
日本人は移民に慣れていないし
受け入れをとにかく制限するべきでは、と。

移民がもたらす影響は大きいし、危険はたくさんある。
わたしが回った国、どの国でも大きな政治課題の一つに
なっていて、こんな大変なんだと驚いた。

 

私がこれまで会ってきた
移民受け入れ国の外国人は、だいたい、
「日本は移民受け入れをしない方がいい」
と忠告する。
みんな、日本を評価してくれている人たちだ。
移民を入れることで、
日本文化が失われていってしまうのはもったいない
、と。

そして、そのお会いした方も
同じような忠告を外国人から受けると。




一つ、おもしろい見方をさてれいた。

アメリカ、カナダ、オージーなど
元々移民がつくりあげている国を、
ニューワールドとし。

日本やイギリスなど、
昔からの民族が歴史をつくってきた国を、
オールドワールドとし。

この二つでは、すべき政策は違うのでは、と。
 

では、どうすべきか。
例えば、その移民としての受け入れの代わりに、
労働をメリットあるかたちで提供するとか。。。
 
あと、個人的な統計でしかないが、
私の日本の知人をみると、
面白い、社会を動かすような意識の高い人たちが
オランダ移民してたりする。
そう考えると、
オランダの国レベルが移民によって上がる気がする
=移民受け入れ方が上手なのかな
、とも思う。
そんな移民政策を参考にするとか。。

うーん、この分野については詳しくないし
むずかしいのですが・・・。

どちらにしても、
日本人は全く移民に慣れてないし、理解もできないこと。
だからこそ、たくさんの事例をみながら
我々に合う方法をとっていく必要があるのだろう。
 
 

そして、いま、海外に住む
外からの目線を持つ日本の人たちの意見を
もっと聞いていくべきだ、とあらためて感じた。


(ニュージーランド  へ)
 


 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です