アジアと欧米の教育の違いが生み出すものって?!(台湾5/5)

アジアと欧米の教育の違いが生み出すものって?!(台湾5/5)

台湾、というか、アジア教育考察。
 

アジア(ガリガリ勉強、詰め込みも)と

欧米諸国(ディスカッション中心)の
教育の明らかな違いはどこからきてるの?

  
その理由を探ったいくつかの答え。

宗教的発想。
アジアは、「努力すれば上へいける」
「勤労は美徳」。
欧米は、「もらった才能を最大に活かす」
「労働は罰」。

  
社会背景。
日本は戦争後、米国に統率しやすいよう変えられた。
アジアの支配された側発想から変わってない。

言語。
アジアは覚える文字言語の数が多く、読み書き中心になる。
欧米は、口語中心になる。

もちろん、どちらがいい、ではない。
状況や時代によるから。





ただ、幸福度ランキングでは
上位はほとんど欧米諸国が占めていて、
東アジアは25位にようやく台湾が入り、
34位にシンガポール、日本は58位。
アジアは高くない。

これは、高度な社会発展に必要なのは
欧米系の教育だからなのでは、とも感じたり・・・。
うーむ・・・。

ただ、単純に、感覚的に考えて、
子供たちが受験で苦しむ姿よりは、
好きなことをのびのびしている姿のほうが、
その人からいいものが生まれると感じるが。。。
 

   

やはり、社会にとって、今何が必要で、 
都度、教育も変わるべき、
ということなのかもしれないなあ・・・。

しかし・・・。
台湾はほんとうに居心地がよかった・・・☺︎
I love 台湾☺︎

(台湾   へ)


 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です