世界一周し、「幸福度と教育」の相関関係をリサーチしたい。



世界一周の目的。

世界各国の「幸福度」と「教育」の相関関係のリサーチ。


特に、世界幸福度ランキング上位国です。
そもそも、どうしてそう考えたか。それには理由が4つあります。



理由1。


数年前にフィンランドに行ったとき、
現地の多くの人に幸せの秘訣をヒアリングしてまわりました。
様々な回答があるなかで、全ての人が口を揃えてほめていたことは
教育、特に「個性や好きを伸ばす教育」でした。



理由2。

日本の歴史の仕事に10年以上携わってきました
名古屋おもてなし武将隊をメインに、地域の歴史や観光発信)。
そこで、日本人の何がすごいのか、
また、何が要因でそうなったのかを徹底的に調べました。

個人的に日本人が誇るべきだと思っている素質
「空気がよめる」「他者を配慮」「礼儀正しい」 等は、
江戸時代の教育の影響が大きいことがわかりました
(戦国時代までは野蛮だったそう)。

つまり、子どもの頃からの教えは、
国の後世に わたり影響を与える、と考えています。



理由3。

10年以上、武将隊で人を育てる仕事をしてきましたが、
成果を出すには「個人の得意をのばし、突き抜けさせる」ことと、
それへの「モチベーション管理」だと感じました。
また、自分自身が悩んだとき、著名人や経営者、起業家、お坊さん、
カウンセラーなど数多くの本を読んできたが、
誰もが共通して言うことは「自分の得意、好きの追求」です。



理由4。

娘を全米最優秀女子高生に育てあげたボーク重子さんが
アメリカで実践した最先端の子育てのポイントは、
個人の好き(パッション) の追求と、
モチベーションを落とさない環境づくり
ボーク重子さんの相談相手は、なんと、
幼児教育でノーベル賞を受賞したヘックマン教授!




結論。

このような理由から、世界を大きく、根っこから変える力を
もっているのは教育であり、なかでも、
「個性や好きを伸ばす」ことは人類にとって最強なのでは!?
という仮説ができました。

これを検証すべく、世界幸福度ランキング上位国を中心に訪れ、
そこに暮らす人たちの声や、教育環境を聞いてまわる旅に
出ようと考えました。


この結果をもとに、少しでも日本や世界が明るくなる情報を発信したり、
それを後押しする企画ができるといいな、と思っています。
また、個人的には、世界へチャレンジする日本人が増えるといいな、
とも思ってたりもします。