教育カリスマ、ボーク重子さんから見るアメリカ(アメリカ6/7)

教育カリスマ、ボーク重子さんから見るアメリカ(アメリカ6/7)


さらに、教育界のカリスマであり、
尊敬するボーク重子さん
にもお会いできた!

娘を全米最優秀女子高生に育て上げ、
今や、子育て界で大注目の方。
TVでさんまさんと共演もしたそう☺︎
 
私が会社員時代にイベントで何度かお世話になり、
今回の旅のテーマを決めるきっかけにもなった方だ。


幸福度を考えるにあたり、米国と日本の違いで
大きいと言われてたのは、医療費。

国の保険制度がなく、簡単な治療でも10〜20万、
歯医者だと30万とかの世界。
保険は基本個人で入るのだが、もちろん高額で
入れない人もいるため、不安が消えないと。
子供に十分な医療は与えられないというのは、かなりつらい。

教育費も同様。
アメリカは大きな格差社会であり、限られた人にしか
高度な教育が行き渡らないこともある。

それらの是正をするために、今、政府は動いているが、
政権が変われば一から改革のやり直しになるため、
なかなか進まない。


アメリカは、幸福度は高い国だ(20位)。
しかし、このような大きな格差が存在し、
保険や教育が十分に受けられないような人がいるのは、
他の幸福国にはみられない、独特なポジションだと感じた。


経済上位層が引っ張り上げているのだろうか、
ランキングのならではの妙がはたらいてるんだろう。




個人的には、競争社会について
あらためて、いろいろ考えてしまった。

ワシントンDC。泣く子も黙る、世界一アメリカの首都。
考えさせられることが山ほどある国だ。

こんなスペシャルな場所で学びをくださり、
多くの方を紹介してくださったボークさんに大感謝!

ボーク重子さん著書
『世界最高の子育て』


アメリカ7へ


 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です