先住民族のインディアンの今って?(カナダ7/8)

先住民族のインディアンの今って?(カナダ7/8)

今回のカナダ旅、実は裏に司令塔がいました笑。
HISカナダの統括、ヤマダさん。

過去、仕事でお世話になり、
今回、フランス語圏や東西の行くべき地域、
会う方々を紹介いただいておりました。
おかげで、カナダ知識ほぼゼロだった私だが、
フランス語圏や東西の違いなど理解でき、かなり有意義に。
本当に感謝しています。


先住民族インディアンの今って!?


カナダ歴20年を超えるヤマダさんの
おもしろかった話は、先住民族インディアン。
全く想像がつかないからこそ、おもしろかった。

今は人口の約1.8%を占めていて、特定区をメインに住んでいる。
しかし、これまで移民たちが彼らを苦しめてきたこともあり、
今は優遇措置がある。
国から一定の権利や特典、社会保障が受けられたり。
イベント時に挨拶をしたもらったり。
また、言語や文化の復興の流れもあると。

実に、多様性を力にするカナダらしい。

そういえばペルーでも、インカ文明の人たちの
言語を守る動き出てきていたと。
ニュージーランドのマウリ族も同様の流れ。
今や、歴史を国としての資産、宝ととらえる
正しい動きだと思うし、なんだか気持ちがいい。
メキシコでも、民族音楽復興をする日本人にも会った。

それは国のアイデンティティになるし、
画一化に走りがちないま、一番おもしろいところだと思う。
日本の地域再生だって、絶対に、ここに一番の鍵がある。
歴史、オンリーワンは埋もれない。

ただ、やはり差別など難しい問題もあるのは事実。
世界中で、先住民族との課題は多い。
何事も、争うことが最もマイナスになる。自分たちのアイデンティティ、
強みとして、共に歩んでいけるといい。



子ども時代から言語を学ばせて、なんとトリリンガルに!


もう一人、HISのムラカミさん。

夫婦とも日本人だが、お子さんはフランス、英語、日本語の
トリリンガル!英語は外の環境から、日本語は両親との会話で学ぶ。
なので、小一から全てフランス語での授業コースで学ばせたそう。

3言語も頭に入れるのは混乱すると思うのだが、
子供はできちゃうみたい。
子供の頭はすごいし、やるならこの時期だと。
もちろん、その子が超優秀ではあるのだが。。

ムラカミさんが思うカナダ教育のいいところ。 
・ 学部、学年の変更がきく。
・ 大人も学び直しできる。
・ホームスタディの生徒にも、きちんと大学へ行けるよう
窓口を用意してる。
自由でいいな。

カナダの教育は日本人からするとゆるい、簡単なようだが、
世界トップランク大学もあれば、世界でもレベルは総じて高い。
やはり子供には、のびのびさせて、好きなことを見つけさせることが
ベストなんだと思う。

ということで、カナダ旅行はHISで^ ^
https://www.his-canada.com/sp/index.php

(カナダ8へ)
 


 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です