首都のオタワへ。カナダ人、イギリス系とフランス系の違いって!?(カナダ3/8)

首都のオタワへ。カナダ人、イギリス系とフランス系の違いって!?(カナダ3/8)

トロントから移動し、首都オタワへ。

オタワは首都、官公庁機関が揃う政府の街。
しかし、トロントやバンクーバーのようにビルが立ち並ぶ都会ではなく、
街としては中規模。だからか、優しい人が多い印象。



カナダの特徴としておもしろいのが、移民の影響で
公用語が英語とフランス語の2言語あること。
カナダの東には、大部分がフランス語ユーザーのケベック州がある。
オタワはその真となりにあるため、フランス語表示も多い。 


過去、公用語は英語だけだったが、フランス語圏の人たちが
生きづらく、「フランス語圏で独立を!」の動きがあった。
そこで、当時の首相がフランス語も公用語にし、
みんなで生きられるように、分断しないようにと策を講じた。
だから、公用語は二言語。そんな国もあるんだ!


 
さらにおもしろかったのは、
イギリス系カナダ人と、フランス系カナダ人の違い。
 

以前、ラテン系人種についての記事をまとめたけど、
フランス系の人たちは、まさにその特徴に当てはまっている。
特に家族関係がスペイン語圏に似てておもしろすぎる笑。

 

■記事「ラテン系、ゲルマン系の違い」
https://doharayumi.com/europe/spain/6808


◾︎イギリス系カナダ人の特徴
・論理的
・家族との距離感が大切
・英語を話すとき、結構かっこつける
・食にこだわりがない
 
 

◾︎フランス系カナダ人の特徴
・感情的
・ラテン系だから家族との距離が近い
・素のまま、どろくさい、人間ぽい
・これまで英語圏の人たちににおさえられてきたから、
 自分たちの習慣を守ろうという意識がある
・父母世代は昔からの伝統的な食べ物を食べたり、
 これ食べたときは、これ飲むとか決まりあり
 (食にこだわりがないイギリス系とは逆!)
・本音を話す
・ 運転があぶない  

 

一般的に、日本人の持つフランス人の印象ってクールなイメージ。
でも、それはパリだけかも、と。
ラテン系なので、基本はどろくさい。
特にこの地にきた人たちは開拓精神が旺盛なので、
とくに”人間ぽさがある”のかも、とも。
  
  

そして、フランス語が公用語のケベック州モントリオールでは、
街の雰囲気から人の服装まで、
その特徴、違いがありありと出てると。

たしかにヨーロッパ調で、洒落てた!☺︎
  


ちなみに・・・
今回はオタワに住む日本人女性、エイコさんはじめ、
日本人合唱団をやってる方々に聞きました。
海外では、こういう日本文化推進活動よく見る。
海外にでると、日本の良さがほんとによくわかるから、
こういう活動もさかんに行われるんですよね。

みんな日本好きって言ってたし。

素敵なことでなあ。。☺︎

(カナダ4へ)


 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です