ウガンダで率直に感じたこと/前半(ウガンダ6/8)

ウガンダで率直に感じたこと/前半(ウガンダ6/8)

本音で。
途上国にて思うこと。


みんな、なんとかして
自分たちのような人から
お金をとろうとしてくるのがつらい。

優しく、楽しくすると、とくにそうなる。


わたしも、
どうせお金なんでしょって思っちゃうし、
その関係が健全ではない気がして、
すごく嫌になる。

なんだか腹が立ってくる。


でも、よく考えると
これは我々先進国の責任でもあると思うと、
なんとかしなきゃいけない、と思う。

申し訳なさも感じる。




JICAの方と話したとき、
さまざまな切り口から国比較しようとするも、
そもそも根底が違っているといわれる。



先進国はたまたま勤勉な人が集まって、
たまたま政治もうまくいって、
という奇跡的なケースだ、
と言われてたのが
すごく印象に残っている。
そうか、我々のほうが少数派なのか。



どうやら、切り分けて考えたほうが
わかりやすそうだ。
すべきこと、できること、役割が違う。



でも、それぞれに面白さもやりがいもあり、
実際にそれを感じている。


そして、最終的には、
大きくとらえると
誰しもが向かっている方向は同じことに気づく。



だからこそ、どれを選んでもいいし、
少しでも、その方向に貢献できればいい。
それぞれの文脈で進めばいい。
可能性はたくさんある。
そんなふうに思う。


世界は広いし、ほんとにおもしろい。


ウガンダ7へ続く。


 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です